鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

簿記二級を素人が半年で合格したので解説する

【簿記試験前企画】簿記2級を合格するためにやっておくべきこと

簿記2級の試験に合格しないのだがどうしたらいい?

簿記2級の資格が難しいといわれる二つの理由~簿記の資格を取りたい人に知っておいて欲しいこと~

以前書いた簿記の解説記事で「解説がめっちゃわかりやすいけど鳥頭って経理関係の仕事している人?」と質問を受けました。嬉しくて軽く一日半ぐらい浮つきましたが、鳥頭は経理職の人ではないです。簿記に関しては合格しただけ!という状態で、とくに仕事で…

固定資産~固定資産除却損と貯蔵品をつかった仕訳~

本気でこのブログが簿記の解説ブログだということを忘れていたので、本日は初心に返り簿記の記事です。 前回、前々回で「固定資産除却損」ってこんなんやったやで!っていう話と、「貯蔵品」って固定資産ではこんな感じで扱ってな!っていうお話をしました。…

固定資産~貯蔵品~

前回、固定資産除却損の解説をした。ということで、今回は固定資産除却損と深いつながりのある「貯蔵品」についての解説。 「固定資産除却損ってなにそれおいしそう」と思う人、先にこちらの過去記事からむしゃむしゃしてくだしあ。 www.abaretoriatama.com …

固定資産~固定資産破棄損~

簿記2級の固定資産の問題で出てくるワードの解説をしているけど、今回も相変わらずキーワードの解説になります。固定資産の記事を大量生産しすぎて「固定資産」ってタイミングするのがやたら早くなってきたことに若干危機感を感じている。解説のペース遅すぎ…

固定資産~固定資産除却損~

簿記3級では不要になった固定資産は売買していた。簿記2級では売買以外に固定資産を「処分」する処理についても出題される。今回は「固定資産除却損」についてのお話。 固定資産売却損・固定資産売却益ってなんだっけ? 簿記3級の範囲のおさらいとなってしま…

固定資産~建設仮勘定~

簿記2級の固定資産の問題について、いろいろまた新しい用語が登場するので、今回からはそれを紹介するよっと。今回は「建設仮勘定」のお話。 3級で出てくる用語集はこちら。 www.abaretoriatama.com 建設仮勘定とは 建設仮勘定とは、「建物」建設において支…

固定資産~減価償却費の計算方法まとめてみた【定額法・定率法・生産高比例法】~

簿記3級、2級で取り扱われる減価償却の計算方法は3種類。 「定額法」「定率法」「生産型比例法」この三つだ。 それぞれこのブログでは解説しているがこういう「なんちゃら法」ってすぐにごちゃごちゃになってしまうからトラウマやねんでよう。。と過去の鳥頭…

固定資産~生産型比例法の計算方法~

前回、生産高比例法とはなんぞやというところを解説したので、今回は生産型比例法を用いた減価償却費の計算方法について。 前回の記事から見ていただくと理解がスムーズかと思われます。よければこちらからどうぞ。 www.abaretoriatama.com 生産高比例法を用…

固定資産~生産高比例法とは~

固定資産の減価償却の方法、今回から解説するのは「生産高比例法」。 前回までで解説した「定率法」と「生産型比例法」が固定資産の単元で出てくる減価償却方法となります。3級でやった「定額法」とは違い、「定率法」は減価償却する速度が変則的だった。「…

固定資産~定率法の計算2~

前回、前々回で減価償却の方法のひとつ、定率法について解説した。今回はその内容を使って実際に問題を解いてみようという記事。まだ前回、前々回の記事を読んでいない方は過去記事を読んでからの方がわかりやすいと思われます。よいこは過去記事へどうぞ!…

固定資産~定率法の減価償却の計算方法~

前回、簿記2級で出題される新しい減価償却の方法のひとつ、定率法について解説した。 今回は定率法って実際どうやって計算したらいいの?というところについて解説していく。前回の記事を読んでからこの記事を読んだほうがわかりやすいかと思います。よい子…

固定資産~定率法とは~

今回からは固定資産の2級の範囲。3級の取得を目指す人は前記事までの理解でおk。2級の取得を目指す人は、ここからちょっと難易度が上がるので心して。とはいってもあくまで今までの考え方をベースにしていくので、ひとつひとつ抑えていけば問題ない。 定率…

固定資産~減価償却費と減価償却累計額の違いと使い分け~

減価償却の仕訳は、間接法ならば「減価償却累計額」を使用する。直接法ならば固定資産の勘定科目から直接減価償却分を引く形で処理。何度も書いたからこれについては問題ないよね? 基本的にその認知で問題ないけど、注意するべく問題の中には「減価償却費」…

固定資産~減価償却累計額が借方にくるとき~

前回の記事にて、固定資産の直接法を用いての原価計算、並びに仕訳の問題を解説した。 車両運搬具減価償却累計額 5,000 車両運搬具 100,000 現金 90,000 固定資産売却損 5,000 こんな感じで。特に何もつっこみなく「直接法と間接法違いわかったー?もう一回…

固定資産を売却したときの減価償却の計算方法【間接法】

クリスマス関連記事と、年末用の記事、さらに新年用の記事をどたばたと更新していたせいで「このブログってなんのブログだっけか??」状態な管理人です。ごきげんよう。あと数記事イベント用記事を書いていたら本気で簿記の解説を忘却しそうだったのでいい…

固定資産~固定資産売却したときの減価償却の計算方法【直接法】~

前回、中途半端な時期に売買した固定資産の減価償却費の計算方法を解説した。 ということで今回!やっと!簿記三級の!固定資産の!実践問題に!入っていくよ!みなさん準備はいいですか?!! 固定資産、直接法を用いた問題は減価償却さえできればほぼ勝ち …

固定資産~固定資産売却したときの減価償却の計算方法~

固定資産の問題で難しいのは減価償却が絡む計算。いや、めんどくさいだけで難しくはないんだけど、考えるべきことが多いとそれだけ間違うリスクも増えるよねというお話です。 でもでも。問題のパターンは実は限られている。 そのパターンを正確に把握したら…

固定資産~固定資産売却損と固定資産売却益~

簿記3級の固定資産について抑えておくべきポイントはふたつある。 ひとつは、減価償却。これはすでに解説済み。 もうひとつは、固定資産売却益と固定資産売却損だ。 今回は固定資産を売買したとき発生する処理について。 固定資産は売買される まず、前提と…

固定資産~減価償却累計額が資産の勘定科目の理由~

さて、少し前の記事にて「減価償却累計額」という中ボス臭漂う単語が出てきた。今日はそれについて。 関連記事 www.abaretoriatama.com 「減価償却累計額」という勘定科目の不思議な取り扱い まず、現時点でわかっている「減価償却累計額」についての復習。 …

固定資産~定額法による仕訳~

固定資産仕訳問題を解くステップは三つある。二級になるとちょっとごちゃごちゃしてくるけど、三級はわりと単純な問題が多いイメージなので、さらっと習得しておくが吉なり。 ステップ1:減価償却される合計額を計算する。 取得原価から、残存金額を引いた…

固定資産~定額法~

今回のお話は減価償却ってどんな風に計算すんの?というところ。これは簿記3級では一種類。簿記2級ではもう2種類追加されて合計3種類の計算方法がある。これに関しても算数をマスターしていれば問題なく解けるので、もちついてやっていこうず! www.abaretor…

固定資産~間接法~

前回直接法について解説したので、今回は間接法について。 www.abaretoriatama.com 主観ではあるけど、こっちの方が問題として出現率は高い気がするのでしっかり抑えておこうそうしよう。 固定資産~間接法とは~ 直接法とは、減価償却した金額を直接固定資…

固定資産~直接法~

減価償却の計算でちょくちょく鬱陶しくでてくるのが「直接法」「間接法」という単語。過去にやった「分記法」「三分法」と同じように考え方の違いから二つの計算方法が用意されている故にややこしい感じになっている。 問題を解くコツとしては、当たり前だけ…

固定資産~3級の問題でよくみかける用語集~

前回、固定資産の花形とも言える「減価償却」について解説した。実際の計算方法に移る前に、問題でよく見かけるワードを解説しておくよ。 www.abaretoriatama.com 〇取得原価 ・・・固定資産を購入した価格のこと。減価償却の計算はだいたいここから引き算す…

固定資産~減価償却とは~

前回固定資産とはという根本的なところをやったので、今回は固定資産の花形、減価償却についてやっていく。3級では試算表の作成やらなんやらで相当露出度の高い問題なのでちゃんと理解しておくが吉。 さて。 減価償却とは、固定資産を使用期間にわたって費用…

固定資産~会計上の備品とは~

固定資産とは、継続的に会社で使用することが目的の財産のこと。 固定資産とその他の資産の違いは「継続的」に使用ができるかどうか、という点。この「継続的」というキーワードが固定資産のポイントともいえる箇所。 3級で使用する勘定科目は 「建物」 「土…

前受金・前払金で使用する勘定科目

前払金前受金編の蛇足編ということで。 今回は説明し切れなかった勘定科目について書いていきますよっと。正直この辺は「はは、だからぁ?」っていう程度の記事になると思われるため、「ふーん」と流し読む感じ奨励。 前 www.abaretoriatama.com まず「前受…

前払金の仕訳問題のコツ

前回は前受金に関する仕訳を解説したので、今回は前払金についての仕訳。 これも一回触れておけば仕訳自体の難易度は低いのでさらっといきたいところ。 問:商品を100円で仕入れ、代金のうち30円はすでに支払ってある手付金で充当し、残額を掛けとした。 今…

前受金の仕訳問題のコツ

前受金と前払金の勘定科目について前回、前々回の記事でやっていったが、今回は実践編ということで仕訳を行っていこう。 bokibokirunrun.hatenablog.com 問:商品100円分の注文を受け、内金として現金20円を受け取った。 出てくる実際の仕訳問題もこんな感じ…

前受金が負債とされる理由

前回、なんで前払金は費用じゃなくて資産なの?という疑問を解決した(つもり)なので、今回のメインテーマは「前受金」。 bokibokirunrun.hatenablog.com 前受金は義務を生じさせるもの 「前受金」とは納品前に支払いが終わっている場合、売り手側が使う勘…

負債とは~意外と広い負債の定義~

簿記の五大要素のひとつである「負債」。そこまでキーになる勘定科目が今まで出てこなかったということもあり、今更感あるけど、前回の記事で(うっかり)触れ(てしまっ)たため本日はこのお話。 bokibokirunrun.hatenablog.com 「負債」というと借金とかそ…

負債とは~会計的債務でリスクマネジメント~

さてさて。負債の難しいところは二つ目、会計的債務の項目。 正直理解するのめっちゃ難しい。安定の鳥頭大混乱シリーズ(白目)なので心して 前回の復習として、「負債とは、債務と会計的債務の2種類があったよ」という話から、前者の解説を行った。今回は後…

前払金と前受金~序~

「前払金」と「前受金」は簿記を勉強する中で「ん??」ってなる勘定科目ランキングに名前を連ねると勝手に思ってる。 勘定科目そのものを先に説明しておくと。 「前払金」は納品より前に代金を支払ったとき使用する勘定科目。 「前受金」は納品より前に代金…

【R-18な】売買目的有価証券【簿記の解説】part12

一通り売買目的有価証券について書いてきたので最後の一息。 2級の問題文の中に「社債を裸相場で購入した」みたくしれっと異聞語がまざっている場合があるので、今回はそれの解説。 まず押さえておきたいのは「相場」ってなんじゃらほいという点。聞いたこと…

【2級の公社債】売買目的有価証券【後編】part11

前編のまとめ「2級の公社債は折木奉太郎を殺す」 無茶しやがって。。 というわけで後半は前半でざっと説明した内容をしっかりこってり説明していくよっと。ゆっくりこんらんしていってね! 問:11月10日に売買目的で魚屋さんの社債1000円分を980円で購入し、…

【2級の公社債】売買目的有価証券【前編】part10

簿記2級の範囲の売買目的有価証券の問題の出題率は高いらしい。 それなりに理解が難しく、勉強したかしていないか浮き彫りになる箇所であり、問題の出し方も多彩だからではないかというのが理由かと思われる。簿記3級と比較して2級の内容がややこしくなって…

【めんどうめんどう】売買目的有価証券【あんどめんどう】part9

株式には時価がある。 今更な前提だけども、時価のせいで同じ有価証券でも時期によって購入金額が違うという事態が発生する。こういうときどうやって処理するの?というのが今回のお話。最近ごちゃごちゃした記事が多いからさらっと終わりたい願望むき出しに…

【切放法】売買目的有価証券【洗替法】part8

前回、売買目的有価証券の評価の方法は、決算時期に時価と比較してその差額を「有価証券評価益」「有価証券評価損」とするとかなんとか言ってた。今回は決算の報告が終わってからの仕訳の方法について。ちなみにこれは2級の範囲ね、ちょい難易度高いかもしれ…

【資産を評価】売買目的有価証券【時価で評価】part7

過去記事にて、売買目的有価証券を取り引きしたときの仕訳についてお話したので、今回は取り引きしなかったときのお話。 ・・・この時点でちょっと管理人なにいってんのってなると思うので(読者ではなく俺氏が)ちょっと状況についての説明。 「売買目的有…

【現金の守備範囲】売買目的有価証券【おさらい回】part6

さて、今回は公社債の利息の仕訳に関するお話。 まず前回のおさらいとして、公社債の利益は、利息としてもらえるものと、額面と購入額の差との合計だというお話をした。この場合、仕訳が必要なのは前者の利息をもらった場合のみ。 使用する勘定科目は「有価…

【公社債の】売買目的有価証券【ちょっといいとこみてみたい】part5

前回、公社債について少し説明しようと思ったら話題がすたすたずれていって打ち切りになったけど(爆)今回はまじめに公社債についてのお話書いていくよ(フラグ) bokibokirunrun.hatenablog.com おさらいとして。 公社債はあくまで借金。権利は伴わないけ…

【逃走癖のある】売買目的有価証券【筆頭株主】part4

売買目的有価証券ってのは株式と公社債のことだという話を過去記事でしたと思う。株式については別記事でしっかりやっているので、今回は公社債についてのお話。 bokibokirunrun.hatenablog.com 株式のお話はこちらから。 bokibokirunrun.hatenablog.com ま…

【仕訳の】売買目的有価証券【復習回】part3

前回の記事で、「売買目的有価証券には時価がある」「そんでもって売買して利益とか損が出たりする」「受取配当金っていう現金な収益もある」というお話をした。 bokibokirunrun.hatenablog.com 今回は前回すっとばした、「売買目的有価証券には時価がある」…

【現金の】売買目的有価証券【守備範囲】part2

前回、売買目的有価証券の解説をするにあたって、「ばいばいもくてきゆうかしょうけんってなーに」っていうことから「かぶしきってなーに」というお話をしていたと思う。今回はその続編。 bokibokirunrun.hatenablog.com 株主というのは「会社の権利の一部を…

【長い名前】売買目的有価証券【ラスボスの風格】part1

売買目的有価証券という単語とのファーストコンタクトは「名前長い!無理!」という見事なほど理不尽な理由でテキストを閉じたことから始まった(遠い目) 名前が長いだけで重装備してそうな手ごわいイメージあるんだけどなんなんだろうね。「まるくすあうれ…

簿記2級に無知識から挑むための4つのステップ

簿記2級に合格するコツというのは、ぐぐれば山のように出てくる。それに便乗して鳥頭な管理人が思う、簿記2級を合格するステップを書いていこうかな、というのが今回のお話。 このブログの趣旨に乗っ取って、簿記のぼの字しか知らない状態から、半年で簿記2…

簿記の基礎を抑えるってのはどういうことか考えてみた

基礎ってのは大切だ。 このブログでも「誰でも簿記2級は取得できるよ」ということを再三主張しているけども、その大前提にあるのが「基礎をしっかり抑える」という条件。それの大切さ、必要性は別記事で書いたから割愛させていただくとして、「じゃあどれだ…

「簿記は基礎からしっかりやれ」の3つの理由

「簿記2級」「勉強方法」「半年」とかでググッたら、簿記の勉強方法なんか山のように出てくる。 簿記合格に際して「こんな風にやったらいいよ」というやり方は他のサイトでも紹介されている。当ブログでも今更ながら取り上げていこうというお話。 まず管理人…

半年で簿記二級に合格した管理人のタイムスケジュール

独学で半年で簿記2級を合格することを目指したブログのわりに、自分がどういう勉強の仕方で合格まで漕ぎ着けたのか書くの忘れてたという超ド級のあんぽんたんをやらかしていたので、今回は管理人の勉強方法を紹介していく、という誰得記事。 スポンサーリン…