鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

成長してない気がする人へ。自分が成長しているかどうかがわかる、たったひとつの質問

 

社会人になって「成長」というキーワードを滅茶苦茶意識するようになった鳥頭です。ごきげんよう

 

「成長」ってふわっとした単語なんですよね。解釈しだいで毎秒成長していると思うときもあれば、ここ一年間ぐらいずっと足踏みしているように思うときもあります。「成長」という言葉の定義をしっかり持っていない限り、「今自分は成長できているのだろうか」と疑心暗鬼になってしまうものだと思います。管理人もその一人でした。

 

自分が成長しているかどうか、ちゃんと知る方法ってないのかな・・・と考えていたところ、しっくりくる答えが見つかったお話。ゆっくりしていってね

 

スポンサーリンク

 

 

 

成長とは、自分自身の変化そのもの~何をしたかではなく、どう変わったか~

先述の通り「成長」という言葉は解釈しだいで大きく形を変える。

 

例えば「知識を得る」ということを、とある人は「成長」だと言い、別の人は「単に知識を得ただけ」と言う。得た知識がどんなものかにもよるけれど、同じ事象が起こったとしても、それを「成長」と呼ぶか否かは人による。

 

f:id:remy0420:20170327040250j:plain

だから、自分が成長しているか知りたかったら「〇〇をしたから成長できた」というような、やったことを重視して結論を出すのではなく「〇〇をしたら自分がどう変わった」というように「自分」に焦点を絞る必要がある。

 

では。自分自身にこんな質問を投げかけてみてください。 

 「これまであなたが一番苦労したこと、辛かったことを一つ思い出してください。今全く同じ状況に直面したら、あなたはどうやってそれに立ち向かうでしょうか」

 

辛い経験をしてきたから、成長しているはずだと思い込んでいた話

鳥頭の個人的な話になるんだけども。

 

大学生のときにサークルの幹部を任されていた。先輩が引退するときに指名される形で3人の幹部が選ばれる伝統がサークル内であったんだが。前任の幹部会議で先輩がトチ狂ったか、あみだで決めたか、泥酔しながら決めたかで、その幹部に何処吹く風だった鳥頭が指名されてしまった。

 

f:id:remy0420:20161127123953j:plain

「まあ決まったんならやるけどー」と軽いノリで引き受けた幹部だったが、実は同級生に幹部になりたかった勢がいた。端的にいうとそこから一年間ぐらいずっと嫌がらせを受け続けていた。流石に大学生にもなると物を隠すとかいうレベルのことはしなかったので実害はなかったけれど、あることないこと陰で捲くし立てられ、気が付いたら女子の集団から敵として認知され、潰す対象とされていた。広がりが早くて繋がりが無駄に強固。だから嫌なんだよな女の子の集まりってのは。

 

そもそも幹部になりたければ先輩にアピッとけとか、嫌うならちゃんと自分を見てから嫌ってくれとかいろいろ言いたいことはあったけど、特にアウトプットするわけでもなく一年を過ごした。

 

もうね、なかなか大変だった。大学生になってまでこういうのレベル低すぎだろって思うだけで、されたことに関してはスルーを決め込んでたけど。今思えばいじめだったんじゃないか、あれ。いじめって単語は当時全く思い浮かばなかったけど、人間不信のひとつやふたつ拵えたよね。

 

それでも一度引き受けたことだから、と幹部として次世代に引き継ぐまではサークル運営に携わってた。女性陣からは呼吸するような自然さで嫌われていたと思うけど、その他の層や先輩からは支持されていたということもあり、ちゃんと後輩にバトンを渡すまで仕事を全うした。

 

f:id:remy0420:20161203145923j:plain

いろんなことを考えたし、いろんな感情にも触れた。誰にも助けてとは言わなかった。一人きりでもつぶされることはなかった。耐えるようにすごした一年だったけど、その分きっと成長したと思っていた。

 

時は流れて就職してから半年ちょい。うつになる少しだけ前、同じ持ち場の先輩からやたら嫌われていることを察した。同時に、当時、異動で信頼している上司が持ち場から離れることになった。そこに加入予定の先輩が、管理人を嫌っている先輩と仲のいい人だった。

うわーい、絶望感。フラッシュバックする日頃の行いと過去の経験。よくない方向に進むだろうことは明白だった。

 

いくら自覚症状はないとはいえ、呼吸をするようにほいほい敵を作ってしまうところは、もういい加減自分が悪いと諦めるしかない。他人にやっかまれる何かを自分は持っているのだろう。人員に困っている会社の状況からして上司の異動も仕方ない。支えてくれそうな人に心当たりはあるけれど、心配掛けるのも、重いと思われるのも避けたい。ならば自分が行うべきアクションは何もない。

 

今回も耐えるしかないなー。と天井を仰いだ。

 

f:id:remy0420:20170327040206j:plain

そのときにやっと気が付いた。「あれ、もしかして大学の頃と同じことを繰り返してるのか?」と。

 

このまま耐えるのが辛いことをすでに知っているのに。今からどんなことが起こるかもわかっているのに。なんで自分は何もしようとしないんだ?

 

そのときに自問自答した問いがこれです。

「もう一度、大学のサークルやってた時代に戻れるとしたら、自分はその一年をどう過ごしただろう」

 

あのとき「成長」していたのなら、二度も同じ思いをしないために何かしら行動しようと思えるはずだろう。そう思って考えてはみたけれど、もう一度同じことが起こっても自分は同じように耐えることを選ぶことに気が付いた。

 

自覚せざるを得なかった。自分はあの頃から何一つ成長していないのだと。 

 

いつも同じ壁で躓いているんじゃないですか?

「成長」=「今までと違う行動ができること」。この式は必ずしも成り立たない。

 

けれど、「成長」した自分と過去の自分。そこに差異があるなら、違う結論を出すはずだと考えると、毎回同じことを繰り返している限り、成長していないといえる。

少年ジャンプとかで主人公が一度瀕死になった攻撃を「二度も同じ技はくらわねえ!」と避けている感じ。ああいうのが成長だと思うのだ。小さな青虫が大きな青虫になることを成長とは呼ばない。

 

そのことに気が付いてからしばらく愕然としていた。

 

f:id:remy0420:20170213025242j:plain

それからだ。自分のキーワードに「成長」をクローズアップすることにしたのは。自分の成長をひたすら追いかけるようになったのは。

 

自分はちゃんと違う道を選べる人間になっているのだろうか。昔の自分と同じ根拠で、同じ道を選ぶ人間にはなっていないだろうか。成長しているか否かに自信がなくなったときには、過去の自分の選択したことを思い出し、今の自分ならどう対処するかを考えるようにしている。

 

成長とは、次に活かせるように経験を自分に落とし込むこと。辛い思いをすることじゃないよ。

がんばること

苦しいときを耐えること

辛い思いをすること

失敗すること

叱られること

後悔すること

 

これらはすべて「成長」とイコールにはならない。

「成長」したかどうかは、たくさんの経験を自分の中に落としこみ、次の行動に活かすことができるかどうかだ。それを過去の鳥頭は盛大に勘違いしていた。がんばったから成長しているはずだと信じていた。

 

違ったんだな。

 

たとえ成長をどう定義していたとしても、それは変わらないと思う。

自分の成長をはかりたいなら、もう一度自問自答してほしい。

 「これまであなたが一番苦労したこと、辛かったことを一つ思い出してください。今全く同じ状況に直面したら、あなたはどうやってそれに立ち向かうでしょうか」

 

スポンサーリンク

 

 

 

あわせて読みたい記事

www.abaretoriatama.com