読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

【閲覧注意】電通新入社員の自殺 労災認定について思うこと

 

電通新入社員の自殺 労災認定

 

このブログは、鳥頭な管理人が右往左往しながら生きる様を少しでも覚えておけるように書いているブログである。完全な自己満足であり、その人生に名前はまだない。

 

知能にも才能にも恵まれず、ほどほどに運のついている、どこにでも転がっているつまんない人生だけど、少しでも楽しみたいという工夫としてぽちぽちやっているという側面もあったりする。

 

 実際に自分のことを綴っていくことは楽しいし、人の価値観を聞いたりすることも好き。だからこそ、今回迷っている。

書きたいことがあるんだと思う。けれど、言葉にする責任が大きすぎて。なのに言葉の主である自分が小さすぎて。

 

自分の中で消化して忘れていくことが一番なのだ、とも思った。人を暗い気持ちにさせる可能性がある以上、迂闊に発信するのはいけないと思う。ここで綴る言葉は吐き出すためのものではない。

 

けれど、自分の思ったこと少しでも言葉に残しておきたい。ちゃんと向き合いたいと思うから。管理人らしくない記事を書こうと思う。今回の記事は閲覧注意して。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まず、今回お亡くなりになったまつりさんに心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

このニュースの重要な項目として、本人がプライベートでやってたツイッターが大きくこの問題の早期労災認定に関わった、というのがある。恐らく雇用労働者に今後大きな影響を今後与えていくんだろうなと。

 

今まで裁判とかでメール履歴なんかを用いて判決されるという事態があるけど、ツイッターってのは聞かない(管理人の学がないだけかもしれないが)。

これから「できるだけ日常の記録は残しておいた方がいいよなー」なんて風潮になって、自演なんかも横行して、これは事実か事実でないかという水掛け論だったり、企業内での統制が起こって「表現の自由違反ではないか」みたいな議論に発展する流れになってくんだろうな、なんて。

 

難しいことはわからないが、お勤めの会社が「業務内容に関係のあることについてSNSへの投稿禁止」とかいい始めたら退職考えた方がいいかもしれない。

 

 

 

 

冷静に考えて、という意見について

 

さて、そこ話題の渦中であるツイッターにて「死ぬほどに嫌ならなぜ辞めなかった?」だったりとか「電通最低だな」とかいろんな言葉が飛び交っている中でこのニュースは彼女と同じような環境にいる人に対してどんな風に響いているのかな。

 

これが他の労働者の環境改善につながればいいなと心から思う。その一方で彼女のような働き方をしている人はこのニュースを見る時間すらなく働いているのかもしれない。もしかしたらこうしている間にも命を絶つ人もいるんじゃないだろうか。

 

多分、彼女は「会社を辞めるか、人生を辞めるか」という選択をしたわけではない。

 

考えられない精神状態だったのではないかと察する。自分の選択肢の中にないものは選べない。視野が狭かった、という言葉に収支してしまうけれど彼女もツイートしているように人間弱っていたら高価な壺も怪しげな置物にも手を出してしまう。彼女は自分が弱った状態になっていることを頭の片隅でわかっている。冷静に考えて今の仕事を辞めるべき、ということも恐らくわかっている。

全部言われるまでもなくわかっていてこの結末を選んでしまったんだろう。

 

 

 

極端思考は成長する

 

疲労は冷静な判断力をできなくする。

「なんであんなことしてしまったんだろう」「もっとこういえばよかった」誰にでもある後悔だと思うけど、疲労しているときこういう事象は相当起こる。

 

そのうちの一つに極端な思考がある。

世の中にはいろんな人がいる。いい人も悪い人もいる。それが冷静な判断のできる人の思考。

極端思考に陥った人の思考は、この世に生きている人はほぼ自分に嫌がらせをしてくる、とか自分は世界で一番価値のない人間だ、とかとにかくゼロか100かみたいな思考になる。傍から見てまったく整合性のない思考にどっぷり浸かってしまう。

 

「自分が死んだほうがみんな助かる」とか「自分なんて幸せになれるわけない」というのも極端思考の一つ。後から考えれば根拠なんてないことなのに、極端思考になるとこれが思い込みなどではなく動かぬ事実としてせまってくる。

 

ここから希死念慮(死への願望)が出てくる。極端思考に陥ってしまう中で希死念慮に苛まれてしまうとオフィス街に出てビルを見ると「自殺に適した高さってどのぐらいだろう」と考えてしまう。買い物に出かけ、紐売り場なんかを見てしまうと「首吊れる強度のある紐ってどれ?」ってなってしまう。蛸足配線されてるコンセントを見たら「家庭用コンセントで感電死ってできんのかな」とか思う。とにかくめちゃくちゃ危険。

 

この頃には本人にもやばいな自分、みたいな自覚が生まれてくるからこの状態から脱するために行動を起こすこともある。とはいっても病院にいくとか能動的に動くわけではなく「自殺 前兆」だとか「自殺 理由 弱い」みたいな検索ワードをグーグルに突っ込むぐらいのことで今の自分の状態を冷静に判断しようとする。冷静(冷静とは言ってない)みたいな感じ。病院にはなぜかいくという発想がない。なんか怖い。

 

この頃には気分転換に友達とご飯行く、とかいう行動はとっくにとれなくなっている。休日は体調も悪くないのに横になったまま動けない。寝たっきりの状態になる。なぜか仕事には死ぬ気でいく。文字通り「死ぬ気」で。

 

上記のような状況を「うつ」というらしい。 

冷静な判断力を奪われた人で多くの人が発祥していて、自殺する人の9割がうつだといわれている。

 

 

 

 

極端思考→希死念慮→無気力・寝たきり→ 異常に気付く→止められない。

 ちなみに上記の極端思考から異常に気付くまでの流れはすべて過去に管理人に起こっていたものだ。

 

 

 

 

先に言っておくけど、管理人の働いている会社はブラックではない。残業ほとんどないし。休日もちゃんとあるし。

 

だから今振り返っていてほんとにただの「甘え」なんだろうなと思うところもある。上司に放置プレイはされていたけど、まつりさんのようにパワハラうけてたわけでもないし。

 

 

 

言うなれば、タイミングと噛み合わせが悪かった。

同じ仕事の担当がいつも私に仕事を押し付けてくるような輩だった。それは当時から半年以上前に配属されたときからそうであって、あのときも今更どうこういうことでもないと思っていた。

 

あのとき、仕事で使う機械の調子が悪かった。そのときがたまたま繁忙期で、時間的にぎりぎりで作業していた。残業しないために休憩いけないことはあったけど、納期の方が大事だし、今作業止めてしまっても交代してくれる人はいないし、こんな状況放置して休憩しても絶対休まらないし。

 

一年で一番忙しい、年末の繁忙期だった。たった半月ぐらいだったけど、一切気を抜けない時期を過ごした。

基本的にいつも暇な職場で、新卒一年目のはじめての繁忙期。

 機械のトラブルというハプニングを抱えて、すべての仕事をこなすには、少し自分が未熟だった。

 

年始に入って次々出てくる自分の仕事に対して入ってくるクレーム。なんで気がつかなかったのかと思うようなミスが多々あって、愕然としたのを覚えてる。自分の能力に対して異常性を感じざるをえなかった。

 

ちゃんと対応やりきらないと、と自責と後悔と責任感を以て、上司からミスに対するヒヤリングを受けた。自分では誠心誠意応えたつもり。その中で上司が「同僚が仕事を押し付けてくることで私が忙殺されている状況」について把握していないことに気がついた。

 

毎月自分で作業日報を集計して提出していたから、数字でそれがあからさまになっていることはわかっていた。にも関わらず、だった。そのことを上司に言及する気も起こらず、なんだかなぁという気持ち悪さだけが残った。

 

 

 

そんな最中、またミスを出した。大して忙しくもない時期、今度は本当に自分のうっかりミスだった。

 

仕事に集中していなかったせいだろうか、とはもう考えられなくなっていた。自分の能力のなさがすべてこのミスに集約されているのではないか、結局忙殺されているのも、仕事を押し付けられてキャパオーバーするのも、上司から見てもらえないのも、すべて自分の能力のなさではないかと思った。

 

 

疲れていた、のだと思う。

 

 

顔が暗いと心配してくれる同期がいたけど、吐き出すことができなかった。

そのときは自分が何に疲れているのか、何が辛いのか。そもそも本当に辛いのか、大して辛くないのか、わからなくなっていた。

 

 

疲れていた、んだな。休めば治ったのかな。

 

 

その日は唐突にやってきた。仕事でげんなりしている日だった。それ以外何かがあったのかもしれないが覚えていない。この辺りの日で、なぜか他部署の上司にけちょんけちょんに怒られた記憶があるからその日だったかもしれない。

 

とにかく職場から歩いて帰るその足が鉛のように重たかったことを鮮明に覚えている。そんなほうほうの状態で、家の近くの高架を歩いていた。

 

「ここから落ちれば死ぬんだろうか」

 

希死念慮というのはTPOをわきまえているようで弁えていないから困る。

 

ここでこの思考に浸ることが危険だとわかっていながら振り切ることができなかった。振り切る気力すらなかった。

 

「結局、社会に出た以上これから死ぬまで働き続ける人生を送るんだな。自分に能力があればもっと人生楽しかっただろうか。できる人ならば自分にもっと希望をもてただろうか。わからない。多分、わかる日なんてこないだろう。自分は持たざる者なんだから。モウイインジャナイカ。」

 

「結局、今の仕事やめたって、自分からは逃げられない。自分から逃げられない以上、次の職場でも同じことを繰り返す。環境が変わることで変化するのは自分ではなく、自分の能力のなさで迷惑を被る周りの人だ。今まだこの会社しか経験していないんだから、被害は最小限。これ以上被害広げたくないな。モウイインジャナイカ。」

 

「人なんて社会の一部として働いて、税金納めて、用がなくなれば死はすぐそこだ。みんな社会っていう企業の社蓄だ。変に結婚して子供が生まれたりしたら多分この檻から自ら出ることは適わない。いくなら今が一番楽だよな。モウイインジャナイカ。」

 

「中学の時の授業だったか「本当は行きたかった命がいっぱいあったその中から貴方は選ばれて生を得た」みたいな宗教染みた話を聞く機会があった。今になってあれって逆なんじゃないかと思う。みんながやりたいと思うはずのものならばこんなにしんどいはずがない。ならばこの世界に生れ落ちたこと自体、罰ゲームかなんかじゃないのか。アダムとイブの話ってこういうことなんじゃなかったか。だから、モウイインジャナイカ。」

 

「モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。モウイインジャナイカ。」

 

 

人が死にたくなるのは、耐えられないほど辛いことがあった時じゃない。

未来に希望が見出せなくなった時だ。

 

 

「もういいや」

 

 

大して高さを確認せず、高架を飛び降りた。それまで鉛のようだった足が良く動いたなと自分で驚いた。躊躇ったら怖くなるから、脇目も振らず、ただ飛んだ。

 

 

あ、ありのままそのとき起こったことを話すぜ?その高架、意外と高さがなかったんだよ、大体二階建の窓ぐらいの高さな。そこから落ちたんだが、言ってもなかなかの高さではある。人なんて脆いもの、椅子から落ちても打ち所が悪けりゃ死ぬからな。で、だ。その数瞬後。管理人の野郎、綺麗に着地してやんの。ストッって。体操選手が最後の着地決めるみたいに、ストッてwwww

 

人生かけてギャグやらかした気分だよあたしゃ。

 

 

結果的に、死ねなかった。つま先をちょっとだけ怪我しただけで他は無傷。目撃者もなし。自分が高架の上から下に移動しただけで、周りは一秒前と同じような静かな夜が広がっていた。

 

 

思わず、笑ってしまった。

 

 

自分では死ぬことすらできなかったんだって。何もできないとき人は笑ってしまうんだと知った。泣きながら、狂ったように笑っていた。笑うも泣くのも、久しぶりだった。

 

 

 

 

 

 

まつりさんが最後のツイートを残してから、命日であるクリスマスまでどのように過ごしたかはわからない。けれど最終的に「辛いから死ぬ」とか「辛いから辞める」とかそういう境地じゃなかったと思う。

 

それは一種の病気であって、意思でどうこうできる問題ではなかったのかもしれない。

 

ちなみに管理人は現在ちゃんと生きてます。結局あの日確かに自分は死んだ。そう思うと自分に対する絶望も、恨みつらみもどうでもよくなった。

 

あの日、自分に何が起こったか正直よくわからない。さっき『そのときは自分が何に疲れているのか、何が辛いのか。そもそも本当に辛いのか、大して辛くないのか、わからなくなっていた。』とか書いてるけど、ほんというと今もそれがわからない。

そういう意味では自分はまだ狂ったままなのかもしれない。

 

 

 

それでも、私は今生きている。

 

生きることを選んだことをまた後悔するかもしれない。もっと辛いことがこの先にも待っているかもしれない。それでも、生きる。今のところは。

 

同じように思う人に少しでもできることがあればいいと思ってカウンセリングの資格もとってみた。多分、管理人のような人ってそこそこいると思うんだよね。同時に誰かを助けたいと思う人の数も自分が思っているより多いんじゃないかと最近考える。あの当時なら考えもしなかったことだ。

 

 

 

 

 

生きることが辛いことだと、ほんの少しだけ私も知った。だから「生きなきゃいけないよ」なんて言えない。死にたいほど悩む人にかける言葉が今もわからない。知れば知るほど私は言葉を失っていく。

 

 

 

でも「死にたかったらいつでも死んでいい」っていう気持ちは大切かもしれない。命の最後を自分にゆだねる権利は極端思考から目を覚ます方法にならないかと思う。

 

まつりさんと同じような状況下にいる人たちへ、自分ができることはないのかもしれない。けれど、もし自分が疲れているのかもしれないと思うなら、ほんの少し立ち止まってみてほしい。休むことを肯定してほしい。

 

gdgd書いたけど結局それだけが書きたかっただけの記事。お目汚し失礼しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

www.abaretoriatama.com