鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

【月刊ついたち】一ヶ月かけて美脚になるつもりだったのだが。。

 

7月も終了ですね。夏ですね。リア充の皆さんも非リアのみなさんも元気しとおやー!!?

 

夏ばて寝不足気味の管理人です。元気じゃないです。誰か労われ、励ませ、宥めろ。そして今面倒事を持ってきたら一思いにぐさっとやってしまいそうなぐらい殺意だけが元気100倍なので、どうか私には触れないようにしてくれい。。と、こんな感じの管理人です。ここからはご覧のテンションでお送り致します。

 

とりあえず、この一ヶ月振り返るだってばよ。 

 

ついたち活動とは毎月ついたちを「なにかを始める日」に設定し、毎月何かしらに挑戦することを目的とした活動です。

 

www.abaretoriatama.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

7月やったこと

今月は、オフ会で知り合ったiwakoさんと合同取材に行ってきました。

www.abaretoriatama.com

www.iwako-light.com

 

家に篭る事がデフォルトになってきた鳥頭ブロガー、とうとう外に出るの巻き!! 

そして出たのはいいけど、はっちゃけすぎて帰ってこられなかったの巻き!!THE・無計画野郎とはこの鳥頭のことだァ!!

それぞれの個性の出た、おもしろい記事になったと思います。よろしければ見て行ってね!

 

 

美脚ストレッチを一ヶ月間やってみた・・・?

6月の終わりに「美脚になる!」と目標を立てました。

www.abaretoriatama.com

 

 結論から申し上げます。・・・やってねえ。。三日坊主だった。。

 

習慣化することにモチベーションややる気は不要だと考える太刀ですが、定着するまではある程度の気合が必要だわな。と当たり前のことを認識しました。

 

f:id:remy0420:20170213025142j:plain

鳥頭一人美脚になったところで誰得だよ。と思う自分もいたこと。そして単純にばてばてモードだったこともあり数日しかやってねえ。。

体力の有り余った時期(あるのか知らんけど)に再挑戦したい所存なので、美脚になりたい女性の皆さん、鳥頭の気が向くまで今しばらくお待ちを。。

いやその前に是非ともご自分でやってみてくれい。。

 

やってみて思ったこと

続くこと、続かないことってやっぱり人それぞれあるんだろうなと感じました。

管理人の場合、日記は毎日ではないけれど13年ぐらい書き続けているわけなんですが、その裏で辞めたこともあると思います。鳥頭故に忘れていますが。。

 

単にそれは根気の問題とかではなくて、巡り合わせの問題なのだと解釈しています。

 

f:id:remy0420:20170327032612j:plain

人間必要なことなら続けられるけど、不要なだと思っていることはいつしか辞めてしまうのでしょう。その時々で自分に必要なことって変わるわけですが、結局それはやってみなくちゃわからないことなんですよね。

 

少なくとも現在の鳥頭に、美脚になる努力は不要だったわけです。やった上でそう判断しました。ただ、これから先も絶対同じことを思うかはわかりませんし、明日にでも変わる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

これはやったからこそわかったこと。やらないうちから「意味ないし」と一蹴したわけでもなく、経験則でその結論に落ち着いたことがちょっと嬉しいですね。自分のことがまたひとつわかったような気がします。 

 

ついたち活動はいろんなことをやってみて、その巡り合わせに気付くための活動でもあります。平たく言えば、一ヶ月継続できないことは、自分には不要なこと。それに対して「一ヶ月続かなかった・・・」と落ち込むのではなく、「今、これのタイミングじゃないのか」と認識するだけ。今の自分に不要なものを知る活動でもあるんですよね。

 

続かないことを恐れず挑戦できること。それがついたち活動のいいところなのだと改めて認識できました。

 

一ヶ月間かけて自分と向き合ってみる

いい加減、生活習慣が無秩序化している鳥頭です。最近ばて気味になっている理由の120%はカオスな生活習慣だと思います。

我ながら時間の使い方がどうかしてるぜ。。

 

流石にこのままこれを続けていたら、いくら頑丈極まっている鳥頭でもそのうち死ぬので対策を立てようと思います。

 

8月のついたち活動は生活習慣を整えること。もうこれをついたち活動にする段階で大事になものを失っているような気がしないでもないですね。。まあ一ヵ月後、予想以上の成果を出せるようにいろいろ試行錯誤していこうと思います。 

 

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい

www.abaretoriatama.com