読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

月刊ついたち~一ヶ月で眼精疲労をどうにかできると思っていたのだが~

今月もやってきました、月刊ついたち!

 

ぶっちゃけ記事の更新忘れかけてたことはここだけの秘密だ!2月って早いね!

 

f:id:remy0420:20161127123923j:plain

そしてもう2017年、六分の一が終わってしまいましたよみなさん!!6分の1!一年を6個にわけたひとつ分!!滋賀県に対する琵琶湖の面積が6分の1ですよ!でかいでしょ!昨日あけおめ言ったばかりな気がするのにね!やばいね!!6分の1のやばさを説明するのに琵琶湖のたとえしか出てこない鳥頭も同じぐらいやばいけどね!!

 

www.abaretoriatama.com

 

ついたち活動とは毎月ついたちを「なにかを始める日」に設定し、毎月何かしらに挑戦することを目的とした活動です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

蒸しタオルで眼精疲労はマシになったのか

「・・・なんかブログはじめてから眼精疲労がすごいんだわな・・・せや!」みたいなノリで蒸しタオルを使用して眼を労わろう!そういきりたったのが一ヶ月前。

【医師監修】目の疲れには蒸しタオルが有効? | ヘルスケア大学

 

ついたち活動の報告ですが。あんまり継続できませんでしたorz

 

以下言い訳です。

 

出来なかった理由その1:習慣化に失敗した

「じゃあ寝る前にやろっかー」と適当にやる時間を決めていたのだが。それがだめだった。

寝る前って一番気力が薄くなる傾向があるし、睡魔があると余計忘れる。鳥頭は下手したら朝日が昇ってくる時間までブログ書いていたりするもんだから、寝る前にどうのこうの。みたいな習慣は割と守りにくい。「おk、書けた。寝る」でそのままベッドにダイブするような生活を送ってしまっていたせいだな。ベッド入った瞬間思い出しても「めんどくせえ・・・」と習慣を放り投げてしまったこともあった。

次習慣化するときは、今の生活をベースに習慣化しやすい時間帯を把握してからやるべきだな!学んだ!

 

f:id:remy0420:20161124084531j:plain

 

できなかった理由その2:目がしばしばした

蒸しタオルを取ると目がしばしばすることがあった。暖めている最中は快適だったんだけどな。

調べてみるに、目をケアする方法は大きく2種類。「目を冷やす方法」と「目をあたためる方法」※これに関しては別記事で掲載予定※。今回の方法は体質的にあっていなかったのかもしれない。故にやめてしまった。

 

 

・・・ま、まあついたち活動の本質は挑戦することだから(震え声)合わなければやめる。ピンと来たら続ける選択ができるのがいいんだよね。

次に活かしましょう。。

 

 

 

疲労回復時のルーティンを作成する

昨日、こんな記事投稿しました。

www.abaretoriatama.com

 

字数はだいたい4000字。いろいろ調査しつつ、4時間ぐらいかけて書いた記事。普通に予約投稿した。しかし、仕事終わりに見返してみると、広告下に書いたはずの文字が全く反映されていないことに気が付いた。うおおおい、どこいった鳥頭の汗と涙となにかの4,000字!!(白目) 

 

f:id:remy0420:20161115150434j:plain

原因はどうやら広告を貼ってから記事を書いてしまったことによるものだったらしい。HTMLを修正したら普通に直りました(読んでて「おん?」ってなった人、修正できたのでよかったらよんでやってくだしあ、血涙)。

 

ブログ書き始めて半年目、かかわらずアンポンタンなことをやらかしました。そして今月は1万字の下書きを間違えて削除するという愚行までやらかしました。ちなみに昨日はスマホ探してたら冷蔵庫から出てきました(ありえないものが見つかる冷蔵庫)ちなみにその2日前は特に何もしていなかったと思いきや、職場の先輩をいきなりブチギレさせました(無自覚胃痛メーカー)

 

「 鳥 頭 疲 れ て ん だ な 」

 

いろいろすっとばしている気がするけど、多分疲労が出てきているのだと思います。ちょうどついたちだから今月のテーマは疲労回復。

「疲労回復するためのルーティンを作成する」

今月のついたち活動はこれでいこうと思います。

 

結果

www.abaretoriatama.com

 

読者の皆々様は密かに思い描くやりたいことってありますか?

 

もしそれがまだ手が付けられていないことならば、この機会にやってしまってもいいかもしれません。今日はついたちです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

あわせてよみたい

www.abaretoriatama.com