読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

自分を殺したいほどの自己嫌悪から立ち直って思うこと~うつにだった自分に伝えたい二つのこと~

 

自分を殺したいほど憎んだことはありますか?

 

管理人はあります。自分が嫌いで、許せなくて、呪って、どうしようもなくて、絶望して。嫌で嫌で仕方なかった記憶があります。そして今日、2月9日は自分の命日でもあります。

 

まあ結局死に損なってるんだけどね。ちゃんとした経緯はこちらに書いていますのでこの記事では触れません。

www.abaretoriatama.com

 

もし、人生に転機というものがあるならば、高架から飛び降りた瞬間が恐らくそうだったのではないかと思う。何が起こったのかは正直よくわからないけど、あの日、あの瞬間に自分は確実に死んで、別の自分が生まれたような、そんな錯覚に陥っている。

 

あの瞬間にそれまでかかえてきた「自分が嫌い」という感情を克服し、今になってその感情の正体に気が付くことができた。そして、その段階に進めた今だからこそ、あの頃の自分に伝えたいと思う言葉がある。今回はそんな記事。

 

スポンサーリンク

 

 

 

自分が嫌いすぎて殺したい心理

私が生きることに対して、解決策を見出せなかったのは「自分が嫌いで嫌いで仕方ない」という思いによるものだった。

 

f:id:remy0420:20161127123559j:plain

 

その頃から今までの一貫した価値観として「人生とは、「自分」という器に見合うものを盛り付けていく作業」という考え方があった。

 

果物ばっかり盛り付けてフルーツバスケットを完成させる人もいれば、その器でお茶をたてる人もいる。はたまたいけばなを始める人もいれば、星の砂を集めて入れる人もいる。同じような器を持っているのに、盛り付けるもので全然印象が異なるというのはとても興味深いよね。

 

手元にある器をどう使おうが自分の自由。テーマも予算も決まっていない。自分なりの作品を作る過程を人生と呼ぶんだろうな。というのが管理人が高校生のときに考えた価値観。未成熟な頭で自分なりに人生という大きなテーマを目の前にしてそんな結論を出した。

 

「自分が嫌い」という感情は「自分の器が嫌い」ということだ。これは自分の性格、自分の経験などをひっくるめた「自分の人生」が嫌いという意味。

 

どんなものを飾ろうが、どんなものを詰めようが、結局器が嫌いなのに満足できるものなんか完成するわけがない。それを自覚してしまうと今やっていることを投げ出したくなってしまうんだよね。失敗作が出来上がることが分かっている作品を作り続けることができる人って多分いない。かといって今までの作品をぶち壊して新しいものを一から作っていっても結局「自分」という器で作らなければならないことは必須。自分が嫌いな人はそこに絶望を見るのだ。

f:id:remy0420:20161127123923j:plain

なんでいちいち死のうとするの?メンヘラかよ?という尤もな疑問。その答えはまさにこれ。決して離別できないものと離別したいと思うことだ。環境を変えても、付き合う人を変えても、どこにでも付きまとってくる自分に怯え、ひた隠し、恥ながら生きなければいけない。その義務に耐え切れなくなったとき、人は生への執着を手放すのだ。

 

私の場合、幼い頃より能力的に劣等感ばかり抱いてきた。他の人が苦もなくできることが自分には出来ない。そんな「できない」ばかりを自覚しつつ成長した自分が、自分を肯定できるわけもなく。自分が自分であることを呪う大人が一人完成した。そういう意味では私には「素質」があった。

 

前置きが長くなったけど、ここから「自分が嫌いだった自分に伝えたいこと」を書いていきます。

 

 

自分との人間関係を見直す~嫌いな自分と距離を置く~

まず、一番言いたいことは「自分との距離を置け」ということ。

 

他人を嫌いになった経験をした人は多いと思う。

ちょっとした嫌いという感情からトラブルを招いたり、関係を絶ったりしたことがある人もいるかもしれない。人間関係は紛れもなくストレスの一つになるものだ。

 

そんな人間関係が破綻する原因のひとつに「人との距離感の測り間違い」がある。

 

友人関係によくある「親しくなりすぎて」破綻するケースだ。知り合って間もない頃は、お互い遠慮しあって、気を遣いあってという関係だったが、親しくなっていくと同時に無遠慮になっていき、小さな言動にいらっとする事態が増えていく。 

 

いらっとした出来事が積み重なっていくとそれが「嫌い」という感情に変わってしまう。そこから喧嘩た冷戦に発展するという流れを人間観察を通じて多く見てきた。これを管理人は「距離感が近すぎた」ことが原因と解釈している。知り合って間もない、気を遣いまくっている状態では成りえなかった事態であり、お互いの対人技能が成熟していないからこそ起きる事態だ。

 

f:id:remy0420:20161214112017j:plain

実は「自分が嫌い」という人にもこの現象が起こっている。

 

自分とうまく付き合う。みたいな言葉があるように「現実の自分」と「理想の自分」の間にも人間関係が存在しているのだ。

 

「自分が嫌い」という感情はまさに「理想の自分」が「現実の自分」に対していらっとした出来事を積み重ねている状態。厄介なのは喧嘩しているのがあくまで自分対自分のことなので、物理的に距離を置くことができないところ。

 

イメージ的には嫌いな人がずっと隣にいる感じ。「理想の自分」視点では、四六時中いらいらしているわけだし、「現実の自分」視点では常にいらいらしながら正論を吐き続ける人がそばにいる状態。精神衛生上よくないことは誰からしても分かると思う。

 

そんな状態の自分に対して「距離感を置く」ということはどういうことか。

 

それは「理想の自分」に対しては「現実の自分」の能力や、できることを正確に把握させること。「現実の自分」に対しては「理想の自分」までの差異を埋めるための具体的な手段を挙げること。もっとたくさんあるかもしれないね。

※これに関しては別記事で書く予定です。※

 

依存しあって、いらいらしあって、許容できない。そんな人間関係を自分に対して課しているなら、「理想の自分」からも「現実の自分」からも距離を置いて、もう一回「自分」について考えてみよう。ということだ。 

 

 

自分を責めることは甘えだった~因果応報なんて嘘だ~

 起こったことに対して、自分を責めるのは甘えだ。

 

この一言を仮に伝えられたとしたら、多分発狂しているんじゃないかと思われるぐらい当時の私にとってこれはキツイ言葉だろう。けれど、こうしてうつが寛解した今。強く心に留めている価値観がこれ。

 

当時の私の考え方を述べるなら「原因自分論」。いいことも悪いこともすべて自分に収支する。さらに言えばすべて自分の裁量でほとんどのことは決まると思っていた。だからこそ、起こったことに対して自分を責めた。

前工程のミスがあっても自分を責めた。上司に放置されっぱなしなことに対しても自分を責めた。機械のトラブルでも自分を責めた。同僚が仕事をさぼったことによってキャパオーバーしても自分を責めた。

 

因果応報。そんな言葉を今思えば病的なぐらい信じていた。

 

f:id:remy0420:20161214101839j:plain

起こったすべての問題を自分でなんとかしようとしたし、実際なんとかしてきた。自分にとって残念なことはフォローできる能力があったことだろうか。実際心が壊れるまで一人で引き受けて、仕事をこなしてきた。新卒で、トラブルなんかを抱えながら進められることなんか知れているのに、当時はそんなことすら気が付かないぐらい「自分の足りていない能力」をフォローするので精一杯だった。

 

「これって本当に自分が悪いのか?」

 

すべてが終わってからやっとこう思えるようになった。そして、今「自分が頑張ることでなんとかしよう」という意志自体、問題解決を先延ばしにしているだけだということに気が付いた。当時は正しいとしか思えなかったが、紛れもない「逃げ」だった。今だからこそ気付けることかもしれないけれど。

 

あのとき少しでもこのことに気が付けたならうつになる事態は避けられただろうか、と今でも思う。自分が壊れていく様は相当辛かった。そんなタラレバを繰り返してしまうほど、尾を引く。この季節だけは妙に後ろ向きになってしまうのな。

 

自己嫌悪に苦しむ人へ

ちょっとどころではないぐらい後ろ向きの記事になってしまいました。

 

昨日件の高架を歩きながら「当時の自分に何か伝えられるとしたら、どんな言葉を送るだろう」と考えていたことから、一気にざっと書き上げた記事です。書き終わった今、「過去の自分に対する言葉」ではなく「自分が嫌いすぎてしにたいとタイムリーに思っている人に渡したい言葉」が書きたかったんだと気が付いた。

 

 これを書くことで誰かの役に立つのなら、私としてもうれしい、かな。

 

今日は夜勤の管理人。仕事前に墓参りにでもいこうかな。 

 

スポンサーリンク