鳥頭奮闘記

「3歩で忘れる鳥頭」と称された管理人が送る備忘記録。人生って常に修羅場。

固定資産~固定資産売却したときの減価償却の計算方法~

 

固定資産の問題で難しいのは減価償却が絡む計算。いや、めんどくさいだけで難しくはないんだけど、考えるべきことが多いとそれだけ間違うリスクも増えるよねというお話です。

 

でもでも。問題のパターンは実は限られている。

そのパターンを正確に把握したら問題ないので、安心してくだしあ。

 

 

 

中途半端な時期に売却した固定資産の減価償却の方法

考えていかなければいけないのは、減価償却について。

簿記3級の固定資産は問題出てきた瞬間に「おk、減価償却な」という考え方に飛びついてもらって結構なぐらい減価償却がらみな問題ばっかりだ。

 

まず問題を解く上での前提条件から。

基本的に減価償却の計算は、一年に一度決算の時期にまとめてやることになっている。面倒だしな。

f:id:remy0420:20161215142252j:plain

ただし、固定資産の売買は決算の時期関係なく行われるものだ。そういう場合減価償却はどうなるのか。

それは固定資産を売買するタイミングで、前の決算日から今までの分だけ減価償却しなければいけない。

f:id:remy0420:20161215142310j:plain

 

例えば、一年で1000円減価償却しなければいけない備品があったとしよう。その備品を決算から6ヶ月で売ってしまったとする。その備品の減価償却はどうなるか。

f:id:remy0420:20161215143115j:plain

そう。もっていた期間分だけ減価償却しないといけない。

公式にするとこんな感じだな。

 

f:id:remy0420:20161215143715j:plain

この公式に今考えるべき数字を当てはめると。

f:id:remy0420:20161215144137j:plain

答え、500円。

 

分数が出てくんの?無理!みたいな人は公式を無理矢理頭に叩き込もうとするのではなく、「12ヶ月で1000円減価償却しないといけないんだよな、6ヶ月は一年の半分だから1000円を2で割ればいいんだな」みたく、なんでこういう式になるかを考えて理解するほうがいいかも。(算数嫌い克服した鳥頭金言)

 

www.abaretoriatama.com

 次

www.abaretoriatama.com